無料レンタルサーバー
海水こわい。

 

海水こわい。





スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


今日は真面目なお話です

2010/08/19 Thu 23:46

先日相方さんだけで宮崎へ行った時のこと。
宮崎の某ポイントでサーフィンしていると、
男の子の兄弟2人が、子供だけで遊んでいたそうです。
(そのお父さんはサーフィンしていたそうです)


そのポイントはカレントがけっこう強い場所で、子供だけということで
相方さんは気になってちょこちょこ見ていたそうです。


しばらくすると、ちょっとおかしいな?という方向へどんどん
流されていっており、一見すると泳いで遊んでいるようにも見えるけど
気になってよくよくみてると、弟の方が「誰か」って言ったのが
かすかに聞こえたとのこと。


それで相方さんは一目散にその子達の所へ鬼パドしてむかい、
「よーしもう大丈夫やけんな」といって二人をかかえあげると
やっぱりすごく危ない状況だったとのこと。


途中相方さんをみてロングボーダーさんが1人だけ追いかけてきてくれて
男の子1人を自分の板にのせてくれたそうですが
子供達に近かったサーファー達はみんな、その子達を気にもとめてなかったのか
気づかなかったのか、鬼パドして向かっている相方さんの事は見ていたそうですが
誰も一緒にきてくれなかったそうです。



それを帰ってきた相方さんから聞いた時、すごい鳥肌が立ちました。
私は泳ぎが苦手なので、その子の気持ちがすんごいわかるし
水の中でパニックになる時の気持ちもすごく分かります。


たった一瞬水を飲んだだけでもパニックになっちゃって、
大丈夫だろうっていう場所ですら溺れることもあります。
泳げる人や、板に乗ってる人が同じ目線でみてちゃダメなんです。


何より、相方さんがその子達を気にしてみてなかったら、
万が一のことが起こってたんじゃないかと思うと、すごく恐くなりました。


同じ日に、木崎で男の子がなくなりました。
その時、サーファーも沢山はいっていたそうです。
誰か1人でもその男の子の異変に気づいてあげてたら、
救えた命かもしれないと思うと悔しいです。


でも私も逆にそこにいたら助けれたか?と自問自答してみたら
ちゃんと見つけて気にしてあげれたか自信がありません。
ただ、自分のことしか見えてないサーファーになっちゃいかんと思ったのでした。
命より大事なもんなんてないです。同時に自分の力も過信しちゃだめです。
自然に人間の力なんておよびません。


これからだんだん海水浴シーズンではなくなりますが、
小さな子供はほったらかしにしない。
海でおかしいなと思うことがあったらすぐに周りにしらせる。
本当に気をつけようと思います。


なくなった男の子のご冥福をお祈りします。




みんなが自分のこととして考えれる環境になりますように。  にほんブログ村 マリンスポーツブログ 女性サーファーへ




サーフィン | トラックバック(0)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。